Minolta semi III A

じいちゃんの約60年前のカメラで試写してきました。

しかあし。

明るいとこでは絞りを締める。暗いとこでは開ける。
という当たり前のことを、逆にして撮った…

つまあり。

明るいとこで絞りを開放して、暗いとこで締めて撮ってまった。
うへえ。

写ってんのかなコレ。
真っ白と真っ黒なのばっかしじゃないかなコレ。
と思いつつ、写真屋さんに出しました。

出来上がりは土曜日。
どうかなー。

つかさすがに年寄りカメラだけあって、相当いたわりながらいじらないと、すぐご機嫌を損ねます。


This entry was written by rahen z , posted on 水曜日 11月 23 2005at 04:19 pm , filed under らへん . Bookmark the permalink. Share on Tumblr. @rahen on Twitter.

2 Responses to “Minolta semi III A”

  1. あのカメラのフィルムは、何を使うんですか??
    うまく写っているといいですねー!
    そのカメラの息子のような、40年前の私のMinoltacordは時々コマ送りを怠るようで(!?)修理に出せるかどうかの判断をしてもらいに、お店に持っていってもらう事になりそうです。

    あ、それと、「さん」なしで呼んでくださいませね☆

  2. フィルムはブローニーです。
    とりあえずISO100のネガフィルムを入れて撮ってみました。

    minoltacordというカメラをお持ちなのですね。ちょっと検索したら、おお、8の字レンズの2眼ですね。素敵すぎます…
    修理できると良いですね。

    minoltasemiはコマ送り手動なのですが、時々動かなくなったり、止まるべきところで止まらなくなったりします。
    (^^

    >「さん」なしで呼んでくださいませね☆
    了解っす。
    コメントさんくす、けろちゃん!

Leave a Reply