追っかけられるのはいつもこの子のほう。